コーチング

テニス 打点の高さ別・スライスの跳ね方曲がり方

スライスは打点の高さによって跳ね方曲がり方が変わるって、知っていましたか? え?スライスって、スーッと伸びて、バウンドの後滑るやつじゃないの?⇒ 正解です!ですがそれだけじゃないんです。 もしスライスに伸びる滑るのイメージしか持っていないの...
コーチング

ダブルス、ペアリングの話

今回はダブルスのペア選びについて書いていきます。人によって考え方が色々だと思いますし、あくまで個人的な意見なので参考程度にしてください。 どんな人をペアにすれば良いか。 結論:話し合いができる人ならどんな人でも良いデス! 以上。 で終わっち...
コーチング

練習では入るのに試合になると入らない~練習プロからの卒業~

練プロの皆様へ 練習中や練習試合ではバシバシ入るのに、本番の試合になると途端にミスが増えたり、上手く打てなくなる。 「練習ではプロみたい」ということで「練プロ」と呼ばれる人たち。これ、実は私もそうでした。 練習試合だとなんでもバシバシ入って...
スポンサーリンク
コーチング

【練習メニュー】ポイント獲得力、予測力、反撃能力etc.を養う【テニス】

今回は練習メニューの紹介です。下記に当てはまる方にはうってつけの練習となっております。 ・主導権は握れるけど最後までポイントを獲りきれないことが多い。・ポイントを取るための組み立てを習得したい。・プレッシャーに勝てるようになりたい。・予測力...
コーチング

【テニスコーチ】何事も「掴み」が大事【レッスン】

説明力とは 集団レッスンにおいては不特定多数の相手にレッスン内容の説明、技術指導を行います。 年齢、性別、バックボーンの違う人たちに自分の説明を聞いてもらう、分かってもらう、実践してもらうことがスクールコーチの仕事です。 そして説明を聞いて...
コーチング

【テニスコーチ】ジュニアと接するときに大事なこと【コラム】

落ち込み気味なジュニア スクールでコーチをしていた時代に、1人のジュニア生徒にハッとさせられた事がありました。 その子はあまり活発でもない、運動も得意でもない、周りとの差にちょっと落ち込み気味でした。(以後A子と呼びます) 親御さんにも、A...
コーチング

【コラム】教えることは「信じて待つ」ということ

どうして自分の言った通りにできないんだ!なぜ分からない?!何度も教えているのにどうしてできないんだ! そんなことを言う指導者はもういないと思いますが、昔はよく隣のコートで聞こえてきたものです。 教えたことが相手に伝わらない、できるようになら...
コーチング

テニス 逆転負けしない選手になるために

先日ご依頼いただいたジュニアのプライベートレッスンお悩みが「リードしてて追いつかれることが多い。40-0だったらデュースまで行ったり。5-2から5-5とか。」ということでした。 せっかく優位な状況を作ったのに、追いつかれることで逆にこちらが...
コーチング

テニス セルフジャッジできちんと発声した方がいい理由

試合観戦時の違和感 私は「練習で取り組んでいることを試合でも発揮できているか」を確認するために、できる限り担当している生徒さんの試合を観に行きます。練習での取り組みができていればヨッシャ!と思いますし、中々うまく発揮できていないところを見る...
タイトルとURLをコピーしました