全般

上達のヒント、テニスに限らず、全般

テニス

テニス 圧力(プレッシャー)という目に見えない脅威を相手に与える

ナダル戦のダニエル太郎の感想 少し前になりますが、2017年の全米オープンで、ダニエル太郎選手がナダル選手と対戦したときの感想が ”トップ選手のボール自体は意外と100位ぐらいと変わらない。ただ来るタイミングが違う。バンバンバ...
コーチング

テニス プレッシャーのない練習では強くならない

練習に緊張感を作り、乗り越え、試合でのプレッシャーに強くなること。その練習方法をいくつか。
テニス

テニス 試合に勝つためには「強さ」が必要!

「上手い」と「強い」は違います。 技術的には勝っているのに、試合になると勝てない。。。 それは相手の方が「強かった」からです。
スポンサーリンク
テニス

テニス ショートラリーをやる意味・目的・意識

練習のほぼ最初にやるショートラリー。ただの儀式?ウォーミングアップにするのはもったいない!きちんと意識して行えば、かなり質の高い練習になるんです。
テニス

伸びない?滑らない?浮いちゃう?スライスを打つ際の注意点まとめ

プロみたいにスーッと伸びていくスライスが打ちたいんだけど、自分のスライスはふわふわ浮いてしまうという方へ。伸びて滑るスライスの基本を再確認しましょう。
テニス

テニス 両手バックハンドのチェックポイント4つ

両手打ちバックハンドのチェックポイントを4つご紹介します。 どれも大事な基礎基本なので、定期的に見直すことをおススメします。
テニス

テニス 試合序盤の戦い方 こんな間違いやってませんか?

草トーナメントは1セットマッチの試合がほとんど。 約40分ほどで終わる1セットマッチは、いかに序盤に流れを作れるかが勝負の分かれ目。 本記事で私なりの序盤の戦い方をまとめましたので、試合前におさらいしておきましょう。
テニス

Stay Home 自宅でボレー練習 振り遅れ改善 ポーチで抑える

ボレーで①振り遅れないように②力まず③コントロールできて④ポーチで抑えられる。 これらが同時に習得できる練習方法の紹介です。
テニス

コートの広さを理解することで見えてくるもの

テニスコートの広さ、ラインの長さを理解することは、単なる知識で終わることなく、実際にプレーする上での戦術やトレーニングにも活きてきます。 StayHomeの時期だからこそ、確認しておいてほしい内容です。
タイトルとURLをコピーしました