【テニス】イージーミスの減らし方!意識するのは優先順位

【テニス】イージーミスの減らし方!意識するのは優先順位

テニスの勝率を上げるためには、プレー中のイージーミスを減らすことが第一の近道です。

下記記事を参照ください。

イージーミス=「しっかり構えた状態下でのミス」=凡ミスのことです。
ただで相手にポイントを差し上げる行為といえます。

ミスの種類
イージーミスは大きく分けて3種類存在します。
①ネットミス
②サイドアウト
③オーバーアウト

※ダブルフォルトもこの部類に入りますが、サーブ特有の考え方・スキルが必要なので別記事として執筆したいと思っております。
というわけで今回はプレー中の凡ミスに絞らせていただきます。

Advertisement

ミスを修正する際の優先順位

いずれのミスも相手に1ポイントを与えてしまうことに変わりはないのですが、ミスだから全てダメ!というわけではありません。
種類によっては多少目をつぶっても良い場合もありますし、逆にそれは絶対避けるべきだというものもあります。ミスを修正する場合は優先順位を意識しましょう。

優先順位①:ネットミス

プレーヤーが一番気をつけねばならないのが、ネットミスです。ミスの中でもネットミスは絶対に避けるべきです。

ネットにかかること=その時点でポイントが終わってしまい、あらゆる可能性が潰えてしまうのです。

ネットを越えた際に考えられる可能性
1.強く打ちすぎてアウトボールになりそうだとしても、相手が触ってくれる可能性がある。
2.同じく、アウトボールになりそうだとしても、風が吹いてコートに収まる可能性がある。
3.ゆるいボールになり、相手のチャンスボールになったとしても、相手がミスをしてくれる可能性がある。

など他にもあるでしょうが、特に3番目の「相手がミスをしてくれる可能性」を潰してしまうのは非常にもったいないです。
練習や試合では、ネットミスは絶対にしない!という意識が常に必要です。

ネットミスを減らすには

ネットミスをするということは、ボールの軌道が低くなってしまったことが予想されます。ネットすれすれであっても、プロのように常に高い精度でそこを通せればよいのですが、我々一般プレーヤーがネットすれすれを通し続けようとするとネットミスが増えるのは避けられません。

そこでポイントになるのが、ボールの軌道を意識することです。つまり、ネットのどの辺を通すか意識するのです。おおよそで大丈夫なので、常にネットの2~3m上(そこを通せば絶対ネットしないという空間)を通す意識で練習してください。

優先順位②:サイドアウト

次に避けたいのがサイドアウトです。ボールの飛距離的にはコートに収まっていた、しかし横に狙いすぎてアウトしてしまったケースですね。つまりもう少し内側を狙っていれば入っていたんですよ。

コートに入りさえすれば相手のミスが期待できるだけに、これももったいないミスだといえます。

サイドアウトを減らすには

常にピンポイントで狙ったところに打てる方を除いて、ショットには必ず誤差(ズレ)が生じます。なのでサイドラインギリギリの際どいところを狙うと、内側にズレれば単にコースが甘くなるだけなので仕切り直しができますが、外側にズレた場合一発でアウト。相手にポイントを与える結果になってしまいます。

そこで意識することは、サイドを狙う際はラケット1本分内側に仮想のサイドラインを引き、その仮想サイドラインに落ちるよう狙うことです。
誤差で外側にズレたとしてもラケット1本分の余裕がありますから、それだけでサイドアウトの危険性は減ります。

グランドスラム、ATPツアー観戦はやっぱりLIVEで! WOWOW

優先順位③:オーバーアウト

オーバーアウトに関しては、他2つのミスに比べて多少目をつぶっても良いといえます。
オーバーしたくないからといって当てるだけになってしまったり、極端に浅いショットになってしまうと、相手に攻められてしまうし気持ちよくないですね。

なによりそれは本来のあなたのテニスではないでしょう。
しっかり振り抜くことが、あなたのプレーに自信をつけることにもつながりますし、バウンド後のボールの弾みや伸びに良い影響を与えます。

あまりにオーバーが続く場合はしっかり対処すべきですが、必要以上に気にするミスではありません。

常に気を付けるべきこと

上記の通り、ミスの種類ごとに気を付けるべき項目はありますが、下記の3つに関しては全てのショットに通じる土台となりますので、1球1球気を付けましょう。

①ラケットの真ん中で捉えること

芯を外したりフレームショットをしてしまうと望んだ結果は得られない。

②体のバランスを保つこと

軸が崩れる( 極端に前傾もしくは後傾 )とボールにパワーがうまく伝わらない。

③打点を揃えること

ストライクゾーン(力の入る打点の範囲)は意外に狭いですから、常に同じところで打つ!という意識があると望ましいです。

ネットミス→サイドアウト→オーバーアウト

イージーミスを減らす際の優先順位をおさらいしましょう。

まずはネットミス、これは一番やってはいけないミスです。ネットスレスレを狙わないこと。
次にサイドアウト、狙いすぎなければそのボールはコートに入ってるんです。ラケット1本分内側を狙ってみてください。
最後にオーバーアウト、これは多少目をつぶっても良いです。当てるだけテニスにならないようにしましょうね。

上記のミスを減らすだけで、あなたの勝率は劇的にあがること間違いなしです。
相手に簡単にポイントを差し上げない、ポイントを失うなら相手のエースで!という意識で、ぜひ負けないテニスを目指してみてください。

上達のヒントカテゴリの最新記事