テニスのマナー【レンタルコート編】

テニスのマナー【レンタルコート編】

テニスのマナー「レンタルコート編」です!

試合観戦についてのマナーはこちらの記事をご覧ください。

テニス仲間とコートを借りてテニスをすることは最上の喜びですよね。

試合に向けてガチンコで練習する方もいれば、今までスクールでしかやってこなかったから初めてコートを借りるという方もいらっしゃるでしょう。

自分たちのコートでは存分に楽しんでいただいて構いません。

しかし、気を付けなければならないのが隣のコートへの配慮です。

レンタルコートを行っている施設では、数面のコートが横並びになっていることが大半だと思います。

自分たちのボールが隣のコートに転がっていったのに、取りに行かない。

逆に隣のコートから入ってきたボールを取ってあげない。

とすると、周りの方が気持ちよくプレイできなくなってしまいます。

自分たちも、周りのプレイヤーも気持ちよくプレイするために、マナーを確認しておきましょう。

記事の内容
・隣のコートからボールが入ってきた場合
・自分たちのボールが隣のコートに入った場合
・終了は5~10分前に
・感謝と思いやり

隣からボールが入ってきた場合

自分たちがラリー等している最中であれば、ラリーを中断して拾って渡してあげるか、相手の方がそのボールに近ければ、「どうぞ」と言って待ってあげましょう。

隣のボールがこちらに転がってきたのに気付いたけれど、隣のコートはプレイ中。であれば、邪魔にならないところ(コート後方)に転がしてあげましょう。

ボールの渡し方にも作法がありまして、無言でポイっと投げられては相手もいい気持ちはしないですね。

「ボール行きます」とか「どうぞ」などと一声かけてあげましょう。

そして相手との距離によって①手渡し②手で(上から)投げて③ラケットで打って、のいずれかで渡しましょう。

②と③の場合は、相手の手前でワンバウンドするように渡してあげてください。

自分たちのボールが隣のコートに入った場合

ゲーム練習中の大事なポイントであったとしても、すぐさまプレーを中断して相手のコートに取りに行くのがマナーです。

ただし隣のコートがプレー中であるならば、ラリーが途切れたり中断するのを待って拾いに行きましょう。

拾ってもらった場合は必ずお礼を言いましょう。

レンタルコートに限らず試合などでも、プレー中のコートにずかずか入ったり横切ることはマナー違反の前にそもそも危険ですからやめましょうね。

終了は5~10分前に

たまに終了時間ぎりぎりまでプレーしている方がいますが、次の人の為に余裕をもって退出してください。

またオムニコートやクレーコートをレンタルした場合、利用後はブラシを掛けましょう。

コート内だけでなく、コートの外側を2mほど余分に掛けると親切です。

使用前にネットが緩んでいたら、同じようにネットを緩ませて退出してください。

原状回復のココロが大事です。

感謝と思いやりで、自分も周りも気持ちよく

拾ってあげるとかお礼を言うとか、なんだか人として当たり前のことばかりじゃない?

そうなんです。

レンタルコートのマナーとして色々述べてきましたが、その根幹となるのは人としての「感謝と思いやりのココロ」です。

上記マナーに記載されていないことでも、これはされたら嫌だなという言動は慎んで、自分たちも周りも気持ちよくテニスができるようにしたいですね。

ルール"Q&A"カテゴリの最新記事