テニスコーチの仕事は「テニスを教える」だけではない

テニスコーチの仕事は「テニスを教える」だけではない

今回は、「自分の仕事(テニスコーチ)ってなんだろう?」

について自分なりに答えを探していきたいと思います。

※私の仕事の対象は、選手や学校の部活などではなく、一般のお客様になります。週1~2回スクールに通い、楽しくテニスの上達をしたいと思っているお客様が対象です。

衰退したアメリカの鉄道会社

マーケティングの世界では有名な話です。

昔アメリカで鉄道事業で大成功した会社Aがありました。

しかし、会社Aの栄華は長くは続きませんでした。

旅客や貨物輸送の需要が減ったわけでもないし、鉄道以外の輸送手段に顧客を獲られたわけでもありません。

需要はしっかりあったにもかかわらず、会社Aは衰退していきます。

なぜ会社Aは衰退したのでしょう?

自分たちの仕事はなに?(事業の定義付け)

会社Aの衰退の要因は自社の仕事を「輸送」ではなく「鉄道」と捉えていたことにあります。

「顧客を安全に快適に目的地へ運ぶ」(輸送)という顧客中心の事業定義ではなく「鉄道」という製品中心の事業定義をしていたのです。

つまり鉄道を利用する顧客以外を、自らほかへ追いやっていたのです。

製品中心→顧客中心

鉄道会社Aを反面教師にして、自分の仕事について改めて考える必要があります。

テニスコーチの仕事が「テニスを教えること」だけであるならば、「テニスを教えてほしい人」以外の顧客はついてきてくれません。

鉄道会社Aのように衰退(顧客離れ)していくでしょう。

「テニスを教えること」はあくまでテニスコーチの仕事の一部分でしかないんですね。

スクールコーチに大事なこと

スクールコーチで大事なことは、自分の顧客はどんな人で、何を望んでいるかを把握しておくことです。

テニスコーチの顧客は「コーチ(スクール)を尋ねてきた生徒さん」。

そして生徒さんの望みは多岐に渡ります。

・テニスが上達したい、試合に勝ちたい
・友達がほしい
・運動不足を解消したい
・家にいても暇
・新しいことを始めたいと思った
などなど。

なので、とりあえず運動不足を解消したい生徒さんに対して、理論や知識を長々と説明してしまったり、
なんとなく楽しくやりたい生徒さんに対して、そうじゃないもっとこうだ!と厳しく指導してしまうこと。

これらは顧客の望みを無視しており、モチベーションを下げさせる要因になりかねません。

この生徒さんにどういう対応をしたらいいのか、その生徒さんとのコミュニケーションを地道にコツコツと重ね、ツボを探していく必要があります。

このコーチとは波長が合うな、やりやすいな、そう思ってもらえれば、その生徒さんとの関係も長く続けていけるのではと思っています。

まあそれだけじゃないんですが、今回はこの辺で笑

コーチングカテゴリの最新記事