【即効性あり!】ダブルスでポーチに出れないあなたへ!4つのタイミング

【即効性あり!】ダブルスでポーチに出れないあなたへ!4つのタイミング

ポーチの出方が分からない

テニススクールでダブルスの練習をよくやるんですけど。。

だいたいのスクールはダブルス主体のメニューだよね

はい。ダブルス自体は楽しいんですけど
ポーチの出方が分からなくって

ポーチはダブルスの花形!ビシッと決まるとかっこいいよね!
だけどどうやってでたらいいの?って悩む人も多いみたいだ

そうなんです!ビシッと決めて、女の子にモテたいんです!
教えてください!

動機は聞かなかったことにするよ?
分かった!
ポーチに出るタイミング、4つの秘訣を教えよう!

お願いします!

グランドスラム、ATPツアー観戦はやっぱりLIVEで! WOWOW

ダブルスの花形「ポーチボレー」
決まるとスカッとするし、周りからも称賛を得られますね。

決めたくて、出よう出ようとするんだけれど
だけどいつ出たらいいか分からない。

そんなあなたに
すぐに実戦で使える、4つのタイミングをまとめました。

4つのタイミング

ボールがコート中心にあるとき:難易度★

まず1つ目のタイミングは、
相手がコートのセンター付近で打つときだ

相手がどこで打つかが関係あるんですか?

モチロン!
これは相手の打球可能範囲に関係しているんだ

打球可能範囲?

つまり”どこから打つと、どこが狙いやすいか”だ
例えばコートの外からの風景を見てみよう
どこが広く見える?

赤線引いてある、、、

ストレートですかね?

その通り!
コートの外からはストレート(アングルも)を狙いやすい。
だから前衛はストレートカバーをしなければならない
= ポーチには出ずらい。
逆にセンターからだと、アングルは狙うにはスペースが狭くリスクが高い。

つまり相手のボールはセンターに集まりやすい!

ここは思い切って出るべし!

Advertisement

相手がライジングで打とうとするとき:難易度★★

そして2つ目のタイミングは、相手がライジングで打つ時だ

ライジングですか?

ライジングっていうのは、
①速いテンポで打てて
②深いボールを下がらずに打てるというメリットがある

伊達公子さんの代名詞ですよね

しかしメリットの裏側に
”高い軌道で打ちづらい”という側面もある

ふんふん

つまり低い軌道できやすいのさ。
ロブの可能性が少ないから、ポーチに出ると意外に捕まえられる。

なるほど!

ただ相手がライジングで打つのかどうか、素早く判断する力も必要になってくる

相手がスライスで打とうとするとき:難易度★★

3つ目のタイミングは、相手がスライスで打つ時だ

あ、なんとなく分かります
ボールもゆっくりですしね

ただ頭に入れておかねばならない点もいくつかあるから
油断は禁物だぞ

ただ出ればいいってわけではないんですね

①コースチェンジ
スライスはぎりぎりまで引きつけてコースチェンジをすることができる。相手がスライスの構えをしたからといってすぐに動き出すのは厳禁だ

ポーチのタイミングが早すぎるとストレートに抜かれやすくなるんですね

②足元に沈んでくる
相手スライスが浮いてきたならば対処も容易だが、時に足元に沈んでくる場合も十分にある。ネットより下で打たされた場合、自信があれば逆クロスにアングルボレー、自信がなければ一旦ストローカーの方へ返して仕切り直しだ

ネットより下では強打できませんもんね

Advertisement

相手がアプローチをするとき:難易度★★★

最後は相手がアプローチをしてくる時だ!

えぇ!? 危険じゃないですか?

確かに一見すると、ポーチどころの話ではないかも知れない
しかし、ピンチはチャンスともいうだろう?

なんだこの自信は、、

そもそもダブルスはシングルスに比べると守る範囲が少ない
つまりオープンスペースが狭く、強打しても決まりにくいんだ

はい、わかります

だからストローカーっていうのはチャンスボールを強打するメリットがそこまでないんだ

ふむふむ

じゃあストローカーはチャンスボールをどう処理すべきか。
それは、並行陣を作るために、アプローチとしてキチッとクロスに打つこと

そうか!相手は並行陣を作るためにクロスに打ってくる
そこを狙うんですね!

そう!こわいけどね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ポーチをかっこよく決めたいな、と思いつつなかなか出れない。

その大きな原因は「出る目安がないこと」にあると思います。
目安さえあれば、あとはその状況が来たときに実行するだけ。

目安 + ”勇気”です。

上記4つのタイミングを目安として、どんどんポーチにトライしてみてください。

ダブルスカテゴリの最新記事