上達に必要な5項目とは

上達に必要な5項目とは

テニスに限らず、何かについて上達したい!

今、上達への熱い想いを持っている方へ。

今回は上達のために必要な5つの要素をご紹介していきたいと思います。

上達の要素①:楽しむこと(継続すること)

上達には継続が必要です。

そして継続するには熱意が必要です。

熱意を持つにはそのことについての興味・関心が必要です。

楽しい、面白い、好きだ、なんでだ?という感情がそのことに対する熱意を与えてくれます。

だから多少の失敗や、できなかったことに対して必要以上にネガティブにならず(結構、この手のタイプが多いなと指導していて感じます)

なんでできなかったんだ?こうしたらどうかな?とプラスに転換する、面白がることが必要だなと思います。

上達の要素②:目的、目標をもつ

地図もなく、どこに向かおうか決まっていないドライブ

これはこれで確かに楽しいですが、上達するにはかなり遠回りしてしまいます。

あなたの目標とするところはどこでしょうか?

  ・上級レベルにいきたい
  ・試合で勝ちたい、特定のライバルに勝ちたい
  ・気持ちよくラリーしてみたい
  ・あの人に褒められたい
など、目標があって一直線に進んでいく人は上達が速いです。

Advertisement

上達の要素③:練習の中身(課題にフォーカスできているか)

練習は内容、量、質でできています。

それぞれが適当になることは、上達を遅らせる原因となるでしょう。

内容

自分の上達のために必要となるテーマになっているか。

課題が明確にできていて、課題にフォーカスできているか。

「ちょっとした確認」であれば少なくて良いでしょうし

「しっかり体に刷り込んでいきたい」のであれば充実させるべきです。

目的のために必要なだけやることが上達への近道です。

質(強度)

レベルにあった強度を設定すべきです。

低すぎても高すぎてもいけません。

理想は「今のレベルより少し高め」です。

上達の要素④:競争心

ボルグ×マッケンロー
アガシ×サンプラス
フェデラー×ナダルなどなど

偉大なチャンピオンの側には偉大なライバルがつきものですね

競争心は向上心に火をつけてくれるので、あいつには負けたくない!と思えるライバルという存在がいると、上達は速いでしょう。

上達の要素⑤:自主的に行う

指導者はあなたに対して上達のエッセンス(課題の提示、練習を行うなど)を提供できますが、

指導者があなたを動かすことはできません。

あなたが「自ら」課題を認識し、目的をもって取り組み、それを継続することで上達の道が見えてきます。

そして、上達の速い人は他人の見ていないところでの努力を惜しみません。

「上達の要素①:楽しむこと」を備えている人にはいらぬお世話でしょうけど^^

全般カテゴリの最新記事