【テニス】チャンスボールで決めきれない?!3つのポイントを意識してみて!

【テニス】チャンスボールで決めきれない?!3つのポイントを意識してみて!

チャンスはピンチ?!

はぁ。。

元気ないねえ

こないだの試合、チャンスボールで決めきれない場面がたくさんあって。。。
勝てる試合だったのにー!

荒れてるじゃあないか
確かにチャンスボールを決められなくて悩んでる人は多いよね~
でも大丈夫!考え方さえ見直せばすぐ解決するよ

チャンスボールあるある

練習ではきちんとアタックできるのに、いざ試合になると点が取れない。

これは技術的な改善より、「チャンスボール」というものの捉え方を改善すべきかもしれません。

今回チャンスボールでのありがちなミスを3つあげました。それぞれ解説していきますので、一緒にココロのもやもやを晴らしましょう。

あるある①:1発で決めようとしている

これで決めたるー!

チャンスボールは1発で決めるもの!と思い込んではいないでしょうか?

よほど相手がコートの外だったり、よほどバランスを崩していない限りチャンスボールは「決め球」とは言えません。

おりゃー!と力んでのミス。これは非常にもったいないです

チャンスボールが来たら、触られてもいいから、1度相手を崩して、その次のこぼれ球を余裕の表情で決めればいいんです。

ラリー中のポイント取得フローを下の画像の通り簡単にまとめました。

ラリーが始まり、まずは①主導権を取るための打ち合いです。
ここで相手を押し込めれば、浮き球をいただけるでしょう。

浮き球がきたら②崩しの場面です。ここは相手を崩す場面なので、コートの外に追い出すとか、オープンスペースに配球して走らせましょう。

いわゆる「チャンスボール」というのはこの②「崩し」に該当します。

そして相手を崩せたら、あとは③決めるだけです。余裕をもって、いないところに打ちましょう。

触られても相手を崩せればいいんだと、少し気持ちを楽にしてはいかがでしょうか?^^

Advertisement

あるある②:際どいコースを狙いすぎている

これもあるある①に似ているのですが、ラインぎりぎりを狙ってのアウトミスなんかは、非常にもったいないです。
あるある①でも述べたように、チャンスボールは相手を崩せれば目的達成なので、そこまでぎりぎりは狙わなくていいと思います。

誤差を考えよう

例えば10球同じ的を狙って打って、どれだけズレますか?
ズレ幅の平均があなたが考えるべき誤差です。

ズレが平均50cmであれば、試合ではラインの内側50cmを狙うようにしましょう。
50cm分余裕がありますから、誤差で50cm分ズレてもオンラインですよね。

あるある③:いつも同じコース、スピード、球種

いつも同じようなアタックをしていては、相手も慣れてきて対処されるようになります。

例えば球種を打ち分けたり(フラット、スピン系、スライス)、グッ!と構えた状態からドロップショットを打ったり、深いボールだけじゃなくアングルに打つなどなど…

相手が「次は何をしてくるんだー?!」と迷ってくれれば万歳です。
とにかく慣れさせないようにすることが大事なのですが、その辺はやはり、錦織圭選手は色んな手段で相手を翻弄していますよね。

グランドスラム、ATPツアー他豊富なテニスコンテンツ!WOWOW

まとめ

「練習不足だからもっと打込みの練習をしよう」とか「チャンスボールっていうのはこうやって打つんだよ」って解説しているサイトをよく見ます。

もちろん技術に視点を置くことだったり(プロはこうやって打ってるんだ、とか)練習を重ねて精度を高めたりも大事なのですが、それよりもっと大事なのは「そもそもチャンスボールっていうのは、何を目的に打つものなんだ?」という根本的な部分です。

目的がはっきりすれば、これさえできれば良い(チャンスボールでいうと「相手を崩せれば目的達成」)と少し楽な気持ちで打てるようになります。

参考になれば幸いです。

上達のヒントカテゴリの最新記事