【ダブルス】できていますか?前衛の3つのお仕事

【ダブルス】できていますか?前衛の3つのお仕事

ダブルスは前衛次第?

こないだダブルスの試合に出たんですけど、ペアがすごい前衛で動いてくれて、めちゃやりやすかったです!

ダブルスは前衛が機能してくれると、上手く回るからな!
きっとそのペアは、前衛に必要な3つの仕事をこなしていたのだと思う

3つの仕事ですか?

正確には3つ+1つだがな

あれ、なんで1つは別なんですか?

その1つはポジショニングのことなんだが、別にしたのには理由がある

理由ですか?

ポジショニングっていうのは基礎基本であり、事前に習得しておくものだ
例えばドライビングテクニックを磨こうとしているのに、免許を持っていなければ、話にならないだろう?

はあ、確かに

3つの仕事は、その基礎の上にこそ成立するのだ

じゃあまずポジショニングを教えてください!

それは別の記事に書いたから、そっちをみてくれ↓

関連記事

【ダブルス】前衛のポジショニングと考え方まとめ

前衛の3つの仕事

「前衛はポーチに出るのが仕事!」と一般的には認識されています。確かにポーチは前衛の大事な仕事の一つですがさらにあと2つ、後衛にとって、これをやってくれると助かる!というものがあります。

それぞれ詳しく解説していきます。

仕事その①:ポーチ

言うまでもありませんが、「ポーチ」です。
ダブルスの花形であり、ポイントを取ると同時に、相手へのプレッシャーも与えられます。

関連記事

【即効性あり!】ダブルスでポーチに出れないあなたへ!4つのタイミング

ただ、ポーチに出るときは、下の2つは意識してほしい

ストレートが抜かれないかを気にしない

ポーチに出てストレートを抜かれたらどうしようと中途半端に出て、全然届かない~、といったケースが多々見受けられます。

しかし、ポーチに出つつストレートも守るなんてことは普通できません。
ポーチに出て、仮にストレートを抜かれた場合、出るタイミングや、出方(バレバレな出方をしていないか)を反省し、修正すれば良いのです。

出るんだったら絶対ボールに触ってください。

1回触って終わりではない

いいタイミングでポーチに出て、コースも厳しいところに打てた!仕事したぜ~、って安心してたらボールが返球されて、焦る、なんてことはありませんか?
テニスに絶対はありませんし、相手も返球しようと一生懸命なんです。

ポイントを決め切るまでは、こぼれ球の追撃に徹しましょう。

ボールが2バウンドするか、相手がミスをしたことを見届けるまでは、油断してはいけません。

Advertisement

仕事その②:相手後衛に自分を意識させる

ラリーが速くて、ロブ合戦で、とてもポーチに出れないよ~、という状況で、前衛のあなたは何をしていますか?
一般の方を見ていると、何もせず見守っている方が多数います。

出番がないなと思っても、やれることはあります!

それは相手後衛に、自分の存在を意識させることです。
ポーチに出るそぶりを見せるなどで、相手後衛の注意を引きます。

そうすると相手後衛は、「ん?何かしかけてくるか?」「ポーチに出そうだ、もっとクロスに厳しく打たないと!」と意識することで、打ち損じたり、ミスをしてくれたりします。

そこで得たポイントというのは、前衛であるあなたが、相手後衛にプレッシャーを与えたおかげなんです。

「相手の前衛なにもしてこないから、ストレスフリーで打てるな」と相手を精神的に楽にさせないことが大事なのです。

相手後衛にストレスフリーで打たせないこと

ただし、大声を出したり、過度なジェスチャー(変なダンスしたり)はマナー違反(ペナルティ)になる場合もあるから注意だ

グランドスラム、ATPツアー他豊富なテニスコンテンツ!WOWOW

仕事その③:素早い決断

お願い編

自分の頭上にロブを打たれた。
取れそうかも~とちょっと粘って、いや結局無理だと判断し、ペアに「お願い!」と言うがすでにボールは2バウンド目。

ペア:「今言われても…」

なんてことはありませんか?

前衛に求められるのは素早い決断です。
ロブを上げられてペアにお願いするときも、相手のボールがネットを超えるまでには判断してください。取ろうとする素振りも見せない方が良いです。

チェンジ編

チェンジするかどうかを決めるのも前衛であるあなたの役目です。
迷ったときお互いに目が合って、どっちに行く?とかなったりしてませんか?

例えば車を運転しているとき、前の車が右のレーンに行こうか左のレーンに行こうか、右往左往していたらすごい困りますよね?それと一緒です。

初めはポジショニング的に間違ってもいいですから、ペアである後衛に素早く指示を出してください。
相手が打つ前には2人とも移動し終わっているのが理想です。

まとめ

前衛の仕事を3つご紹介しました。

  1. ポーチ
  2. 相手後衛へのプレッシャー
  3. 素早い決断

このように、やるべきことが明確になれば、試合中も迷わず動けるようになります。その結果、大胆さが身につきますし、ペアとの連携もスムーズにいくこと間違いなし。参考になれば幸いです。

ダブルスカテゴリの最新記事